初代GPD WINから3年、GPD WIN シリーズ第3弾となる「WIN MAX」は、WIN/PS4/Xbox One のマルチタイトルになるような「AAA(トリプルエー)」超大作ゲームを「ポータブルで動かせる真のゲーミングPC」ということで開発をスタートさせました。
 
GPD WIN 2のプロセッサは、最新のAAAゲームタイトルを実行できるほど強力ではなく、また携帯性を重視しているため、キーボードの操作を犠牲にする必要があり、様々な種類のオンラインゲームをプレイするには少し不便でありました。GPD WIN2は革新的なゲーミングデバイスですが、「ゲーミングPC」と呼ぶには少し無理がありました。

上記を考慮して、完全に新しく開発をスタートしました。目標はポータブルの携帯性とゲーミングノートブックのグラフィックパフォーマンスを組み合わせたオールインワン製品です。

しかし、開発は難航いたしました。当初は2019年には発売できる予定が、非常に多くの時間がかかりました。なぜならば、今回のWIN MAXには省電力かつ強力なプロセッサが必要だったからです。

開発当初は、AMD Ryzen 5 2500Uの使用を検討し開発を続けてまいりました。しかしながら、インテル第10世代Ice Lake-Uのリリース後、我々はすぐに評価をいたしました。 10nmプロセス、15W TDP、4コア、8スレッド、2倍の数のトランジスタ(前世代比較)、および6MB L3キャッシュを搭載した製品を見つけました。この製品は全体的なパフォーマンスの点で、AMD Ryzen 5 2500Uより優れていると確信いたしました。

特に、Intelの第11世代Iris Plus Graphics 940は、低消費電力と熱放散を特長とする統合グラフィックチップとして、実際には3DMark 11で個別のグラフィックチップであるNVIDIA GeForce MX250とほぼ同等の性能を発揮します。GPD WIN MAXではIntelソリューションを採用することにしました。

・第5世代のCorningゴリラガラスを搭載した8インチH-IPSスクリーン、GPD WIN2と比べて33%大きい画面サイズ、90%DCI-P3広色域、ちらつきのないDC調光、500nitsの明るさ。

 

・Intel 10世代 10nm Core™i5-1035G7プロセッサ搭載、同CPUは第4世代(Huswel Refresh)のフラッグシッププロセッサであるi7-4790Kよりも優れています。

 

・NVIDIA GeForce MX250に近いグラフィックスパフォーマンスを備えたIntel第11世代Iris Plus 940グラフィックス。

 

・高速SSD、M.2 NVMe / AHCI 2280をサポート、2000 MB / sを超える読み取り/書き込み速度を実現。

 

・読み取りおよび書き込み速度が60GB / sを超えるデュアルチャネル16G LPDDR4 3733メモリ。

 

・Thunderbolt 3ポートを内蔵、2台の4K / 60Hzモニターに接続可能。また外部eGFXに対応し、拡張ビデオカードを使用することで最高性能のゲームパフォーマンスを実現できます。

 

・Ultra Blu-rayに対応する内蔵HDMI 2.0b HDオーディオ/ビデオインターフェイス、HDRおよびIntel SGXテクノロジーをサポート、4K / 60Hz UHD BDビデオを出力可能。

 

・最新のWi-Fi 6採用、300MB / sの速度ネットサーフィンできます。これは、5G Wi-Fi速度の2.77倍です。 ​

 

・Bluetooth 5.0をサポート、最大3MB / sの転送速度、1メートルの精密な位置情報の確認、最大7つのBluetoothデバイスと最大で300メートルの長距離接続が可能。

 

・3×5000mAh / 57Wh高容量ポリマーリチウム電池、ゲームを連続3時間稼働。通常の用途では6-8時間、低負荷用途では最大14時間駆動。

 

・3段階調整可能なTDP(15W、20W、25W) 25W TDPにより、マシンのパフォーマンスは最大限に引き出すことができまsじゅ。

 

・新設計のゲームパッド、本体といっしょでもしっかりとグリップさせられるすべり止めを付ける。

 

・アナログスティックはあらたにL3 / R3機能(押下)を追加、より快適にゲームをプレイできます。

 

・強化された冷却構造。デスクトップグレードのタービンファン+デュアル冷却パイプを二基搭載。高変位サイドブロー設計、迅速な放熱のための9つの通気孔。

 

・PD 3.0プロトコルをサポートするGaN (窒化ガリウム)採用小型65W急速充電器を付

ハンドヘルドでも、デスクトップスタイルでも

コントローラー+フルサイズキーボード

​新しい感覚のゲーミングPC

WIN Maxには、より大きな画面、第10世代Intelプロセッサ、TDP、メモリ、ストレージ容量の2倍、Thunderbolt 3、RJ45などを含むより多くのポートがあります。さらに、NVMe / SATA3 M.2プロトコルの両方をサポートしています。
​またWIN2は携帯ゲーム機としてのプレイが主眼でしたが、WIN MAXはゲーミングPCとして、様々なスタイルで使えます。

性能、品質、すべてが新しい。GPD WIN MAXは本格的なコントローラーを装備したゲーミングPCです。

ゲーミングプラットフォームに対応しているからすぐに数万タイトルのゲームが遊べる!

ゲーミングにフォーカスしたポータブル製品の第一条件として、頑丈かつ高い耐久性が必要です。

ボディには高級感のあるCNCマグネシウムアルミニウム合金製の上部カバーと、GPD MicroPCでも採用したLG-DOW 121H航空グレードの耐衝撃性ABS合成樹脂製の本体を採用しました。

これは1.3mmシェル厚、高温耐性、クラスV-0耐火性、109Rロックウェル硬度、26000kg / cm2曲げ耐性、5m落下試験で92%の無傷率を達成しています。

構想から3年、いよいよ登場する

GPD 初の本格的ゲーミングPC

GPD WIN MAX

 

最新世代のモデルと比較して、高性能のIris Plus Graphics 940を搭載したWIN Maxは、非常に高いフレームレートでゲームを実行できます。次の表は、一部のゲームの1280×800解像度、デフォルト設定のベンチマーク結果を示しています。

GPD WIN Maxの主な機能

あなたの手に収まる世界で唯一のゲーミングラップトップ

実際のプレイ画像を今すぐチェック!

Should You Buy a GPD WIN Max?PS3/PS2/Xbox/Switch/3DS/Steam

パーツを全て見直し、高品質パーツを採用

 

完全に新しくなったジョイスティック

品質向上した十字キーとL3/R3に対応した

アナログスティック、FortniteのようなFPSも

​ストリートファイター5の波動拳も十字キーでしっかりコマンドできます。

初のタッチパッド採用。パソコンとしても使いやすく

ジョイスティックとキーボードを併用しながらゲームができる

​新感覚を味わってください

オンラインゲームプレーヤーは優れたキーボードを好む傾向がありますが、WIN 2のパン型キーボードは、狭いピッチ、短いキーストロークでは触覚の欠如などの問題がある為、要件を満たせません。これらの問題を考慮して、私たちはWIN Maxを設計する時にはさみ型のメンブレンキーボードを使用することにするだけでなく、この目的のために画面フレームを増やす必要さえありました。

ゲームプレーヤーが最もよく使用する2組のキー(「QWER」と「ASDF」)を、デスクトップレベルの捜査官を実現するために、ボタンのサイズにこだわりました。

WIN Maxは標準の「QWERTY」チクレットスタイルのバックライト付きフルキーボードレイアウトを採用し、外部マウスを併用することにより、完璧なミニゲーミングノートブックとしてゲームができます。

第4世代の主力デスクトップCPUであるi7-4790Kを超えるCPUパフォーマンス

打感にこだわったキーボード。

しっかりとした反応が戻ってきます。

内蔵ジョイスティックに関して、WIN Maxはコントローラーのシンクイン設計とXinputモードを採用しています。日本アルプス製の超耐久性のあるデュアル3Dジョイスティックは、L3 / R3ボタン(360°回転をサポート)に対応!ジョイスティックのポテンショメーターとセンタースタックは、それぞれ200万回と500万回の耐用があります。ゲーム中に指が滑らないように、ジョイスティック先頭部にはすべり止めが使われています。


ボタンは、WIN MaxはPS4コントローラーの分割矢印キーレイアウトを使用し、精緻で正確な動きをアシストします。 ABXYボタンは依然として2層のシルク印刷で作られており、適切な間隔に配置されている為、エラーなく快適に押すことができます。


L1 / L2 R1 / R2ボタンはすべて信頼性の高いパナソニック製を採用。その耐用回数は1,000万回に達し、電気的寿命は10万回に達しています。


Select、Startボタンは、上部のヒンジの近くにあり、左手の親指で操作しやすくなっています。 ゲームのストリーミング中にボタンをクリックすると、ジョイスティックのオン/オフを切り替えたり、「ホームに戻る」、「長押ししてオフにする」、「画面キャプチャ」、「位置にスナップ」等の機能を有効にできます。

通常のラップトップ画面より鮮明性に優れた8インチ画面

左の図からわかるように、WIN MaxのPPIは、現在市販されている一般的なラップトップのPPIを上回っています。プレイヤーは、WIN Maxの表示品質について心配する必要はありません。パネルの明瞭性は通常のラップトップより明らかに優れているからです。

WIN Maxは、第5世代のCorning Gorillaガラスで保護された8インチH-IPSパネルを使用しています。

 

前世代モデルと比較して画面の面積が33%アップし、90%DCI-P3広色域、ちらつきのないDC調光、500nits輝度、24インチの2倍のピクセル密度/ 1080Pディスプレイ、178°の水平視野角、10ポイントタッチサポート、1280×800のデフォルト解像度として(解像度が1024×768未満(4:3)のクラシックゲームをプレイするのに最適です。

 

 

Q. 8インチの1280×800の画面は、通常のラップトップの画面よりも明瞭性に優れているのでしょうか?

 

画面サイズがより大きく、解像度が高いと自動的に明瞭になるわけではありません! 「PPI」(1インチあたりのピクセル数)は、画面の鮮明さを決定する要素です。

 

PPIが高いほど表示されるピクセルが多くなり、画面の粒状感が少なくなります。一般的なノートブック画面のPPI値は次のとおりです。

WIN2から2年かけて開発

製品開発の背景

GPD WIN Max 概要

8インチ、​重量790gの世界最小ポータブルゲーミングPC

​堅牢さと軽量を両立させたボディシャーシ

キーボード面には デュアルアナログキーとテンキー、押しやすいボタンとマウスパッドを備えています。

マシンのボタンは、面取りされたエッジでカーブしており、その49.7%は冷却のためにくり抜かれています。

​アナログスティックは押し込み(L3/R3)対応になました。

​マウスパッドをキーボードと併用できるのが WIN MAXの新しいところです。

また、気流を妨げないように3mm高さのフットパッドが機械の底面に取り付けられています。

ジョイスティックとマウスパッドを両方備える

効果的な冷却を実現するボディ背面

マシンの背面には、両側にL1 / L2およびR1 / R2ボタン、中央に各ポート(Type-C、Thunderbolt 3、USB A 3.1×2、HDMI)、ヒンジが空気の流れを妨げるのを防ぐため、ヒンジの下に9つの空気口があります。

小型ながら優れた拡張性 Thunderbolt3対応Type-C ポートを装備!

USB3.1 Type-A×2 Thunderbolt3.0ポート ​次世代Type-Cポートを装備、eGPUボックスを使うことで、外付けグラフィックボード拡張が可能。

しかし、いくつかのゲームをプレイしたいが、マウスを持っていない場合はどうでしょう。簡単です。マシンの側面にある「マウス/ジョイスティック」スイッチを回すだけで、ジョイスティックをすぐにトラックポイントに変換し、L1 / R1ボタンを左右のマウスボタンに変換して、より多くの使用シーンに適用するべくマシンをハンドヘルドとして使用できます。

 

マウス/ジョイスティックスイッチ機能がなくても、WIN Maxにはタッチパッドが組み込まれており、最大3本の指でのジェスチャーとプッシュダウン操作をサポートしています。

 

外出先でも固定場所でも、ゲームやオフィスでの作業を問わず、IN Maxの組み込みハンドル+タッチパッドは、いつでもどこでも操作のニーズを満たすことができます。

WIN MaxはIntel 10th Generation Core i5-1035G7プロセッサを使用します。このCPUのトランジスタ密度は10nm処理技術により、100nm /mm²であり、14nmプロセスを使用したカップの2倍です。

このプロセッサのその他の注目すべき機能には、4コア8スレッド設計、1.2 GHz基準周波数、3.7 GHzターボ周波数、2 MB L2キャッシュ、6 MB L3キャッシュ、4 GT / s OPIバス速度が含まれます。

Q. I5-1035G7のパフォーマンスは他のプロセッサーと比較してどうですか?
 

次のCPUベンチマーク(PerformanceTest 9)をご覧ください。

Q. I5-1035G7のパフォーマンスは他のプロセッサーと比較してどうですか?
 

次のCPUベンチマーク(PerformanceTest 9)をご覧ください。

I5-1035G7のシングル/マルチコアパフォーマンスは、Intel第4世代デスクトップフラッグシップCPUであるi7-4790Kを上回り、i7-6700Kに近いレベルに達しました。比較すると、GPD WIN 2で使用されるm3-8100Yプロセッサのパフォーマンスは非常に弱いです。

デュアルファン+冷却パイプ、大排気量のサイドブロ設計、9個の通気孔により高速熱放散を実現

熱性能を改善するために、WIN MaxはPCクラスのツインターボファン+デュアルヒートパイプの冷却ソリューションを採用しています。デュアルヒートパイプ+ハイパワーターボファン、高排気量の側面吹出し設計、9穴の超短距離換気により、WIN MaxはWIN 2の8倍の熱気排出効率を実現できます。

 

内部温度が20℃〜80℃の場合BIOSは、事前に設定された70の温度制御レベルに基づいて、ファンの速度を2700〜6300 RPMから動的に調整できます。同時に、BIOSにはゲーマーが選択できる3つのTDP(15W、20W、25W)スキームも含まれており、実際のアプリケーションで最高のエネルギー効率比と熱放散効果を実現するのに役立ちます。

第11世代Iris Plus搭載

MX250に匹敵する統合グラフィックス

WIN Maxの搭載されているi5-1035G7 SoCは、64のEU実行ユニットを備えた11世代のIris Plus Graphics 940を統合し、9.5世代の統合グラフィックスチップのEU数の2倍(最大24EU)を搭載しています。 300MHzの基本周波数と1.05GHzの最大動的周波数により、このディスプレイチップは、毎秒1兆個の浮動小数点計算を実行できます。これは、9.5世代の統合グラフィックスチップの2.67倍です。
 

このディスプレイチップは、最新世代のチップと比較して、パフォーマンス、エネルギー効率、3D、メディア、ゲームパフォーマンスの質的な向上を達成しています。
 

次の表は、1280×800の解像度での3DMark 11のいくつかの主流のグラフィックチップのパフォーマンスを示しています。

上の図からわかるように、Iris Plus Graphics 940のパフォーマンスはGeForce MX150(メインストリーム専用グラフィックカード)のパフォーマンスよりもわずかに高く、GeForce MX250のパフォーマンスに非常に近く、GPD WIN 2のパフォーマンスのほぼ4倍です。前述のベンチマーク結果は、組み込み画面を使用したときのパフォーマンスを表しています。外部ディスプレイを使用する場合、World of Warcraft、DOTA2、およびLOLでのWIN Maxの実際のパフォーマンスは次のとおりです。

World of Warcraft:


最高のグラフィック設定で、ゲームは1080P解像度で80以上、4K解像度で50〜60のフレームレートで実行されます(5V5チームバトル中は35を維持)。
 

 

DOTA2:


4kの解像度と4つの「レンダリング品質」レベルで、ゲームはそれぞれ60、45、31、11のフレームレートで実行されます。
 

 

LOL:


1080P解像度および「高」グラフィック品質では、ゲームは60〜95、平均で1秒間に約80フレームレートで実行されます。

シーケンシャル4K読み取りおよび書き込みでクラス最高のパフォーマンスを備えたSSD

WIN Maxにより、ユーザーはM.2 NVMe / AHCIデュアルプロトコルインターフェースにインストールされている組み込みSSDを交換できます。ただし、スペースの制約により、WIN Maxは片面M.2 2280 SSD(Samsung 970 EVO Plusなど)のみをサポートし、Lenovo NGFF SL700などの両面SSDはサポートしません。 SSDを交換するときは、2つの違いにご注意ください。

WIN Maxの内蔵SSDは、優れた読み取りおよび書き込みパフォーマンスをもっています。 次の表は、WIN Maxと同じ構成の3つの製品のSSDパフォーマンスの比較を示しています。

・テストソフトウェア:CrystalDiskMark 6.02 x64

 

・テスト環境:1065G7 / 1035G7、16GB LPDDR、256GB / 512GB SSD;

 

 

 

※テスト結果は、CrystalDiskMarkのバージョンによって若干異なる場合があります。 熱放散は読み取りおよび書き込みパフォーマンスに大きな影響を与えます。

 

 

 

​読み取りと書き込みの速度が速いSSDは、ゲームの読み込みを高速化し、ゲームをよりスムーズに実行できます。


特定のパフォーマンスに関して、WIN Maxのシーケンシャル読み取り/書き込み速度は、同じ構成の他の製品のそれをはるかに上回っており(Microsoft Surface Pro 7は最悪のパフォーマンスです)、その読み取り/書き込み速度間のギャップも小さくなっています。


4Kの読み取りと書き込みのパフォーマンスに関しては、製品の中では明らかに勝者はいません。

LPDDR4 3733、現在最速の低電力メモリ

メモリ周波数は、読み書き速度に影響を与える重要な要素であり、高周波メモリを使用するシステムはゲームをよりスムーズに実行できます。 GPD WIN Maxの場合、16GBのLPDDR4 3733、現在市場で最速の低消費電力メモリ、およびデュアルチャネル設計により、最新のゲームのニーズを満たすことができます。


 次の表は、AIDA64のLPDDR3-1866、LPDDR3-2133、LPDDR4-2400、LPDDR4-3200およびLPDDR4-3733のメモリベンチマーク結果を示しています。

Aida64での読み取り、書き込み、およびコピーテストの結果は、すべてデュアルチャネルモードで取得されています。


WIN Maxは、LPDDR4 3733メモリも使用するSurface Pro 7よりもパフォーマンスが高いことがわかります。主な理由は、WIN Maxがアクティブ冷却を使用しているため、過熱によるCPUスロットリングによるメモリ周波数の低下を効果的に防止できるためです。実際のアプリケーションでは、LPDDR4 3733は明らかに他の製品よりも優れています。 WIN 2は、メモリが他の2つの製品ほど良くないため、最悪のパフォーマンスになります。

 

実際のアプリケーションでは、LPDDR4 3733は他の製品よりも明らかに優れています。 4Kビデオ出力とゲーム(League of Legends)を例にとります。

​160MB /秒までの読み取り速度でA2クラスのマイクロSDXCカードをサポート

マシンは大容量SSDをサポートしているため、マイクロSDXCカードスロットをなくしませんでした。
WIN Maxは、A2クラスのMicro SDXCカードをサポートしています。

 

これは、4000/2000の最小ランダム読み取りおよび書き込みIOPSと、A1クラスカードのほぼ2倍の理論上の読み取り速度および書き込み速度をそれぞれ最大170MB /秒および90MB /秒まで実現します。同時に、カードスロットは最大容量2TBのSDカードをサポートします。

 

次の図は、2枚のSanDisk micro SDXCカードの読み取り速度と書き込み速度を示しています。

WIN 2でテストされたC10、U1、A1 Sandisk(モデル:SDSQUNC-128G-ZN6MA)

 

カード(A1クラスカードをサポート)

 

C10、U3、V30、A2。 WIN MaxでテストされたSanDisk(モデル:SDSQXA1-128G-ZN6MA)

 

カード(A2クラスカードをサポート)

 

4K / 60Hz HDR出力とUHD BDをサポートするHDMI 2.0bポート

4K / 60Hz HDR出力 および

UHD BDをサポートする

HDMI 2.0bポート

多くの人が最新のHDR 4K / 60Hzモニターまたはテレビを購入して、Ultra HD Blu-ray準拠のUHD BDを視聴しています。ただし、AMDソリューションを使用しているすべてのシステムとIntelソリューションを使用している一部のシステムは、著作権制限のあるUHD BDを再生できません。その理由は、このようなUHD BDを再生できるのは、SGXセキュリティテクノロジーをサポートするIntelプロセッサだけだからです。

 

上記の理由を理解頂けたら、従来のUltra HD Blu-ray DVDプレーヤーの使用を変更してみて下さい。高速なUSBおよびLANポートを備えたWIN Maxと、組み込みのIntel SGXテクノロジーを備えた1035G7を使用することにより、Iris Plus Graphics 940 GPUはFP16をサポートします。 HDRアンチエイリアシングディスプレイ、HDR10形式とドルビービジョンをサポート、HEVC(H.265)とVP9の高品質エンコーダーをサポート、BT2020色域をサポートしています。

 

各パフォーマンスは、Sony UBP-X700ブルーレイDVDプレーヤーの標準レベルに到達できます。 HDMI経由で4K HDR TVに接続すると、オンラインまたはダウンロードしたUHD BDムービーを簡単に再生できます!

Thunderbolt 3対応 Type-C ポートを装備

eGFXに接続して、最新のグラフィックボードを使用することが可能に

WIN Maxの最大の特徴は、Thunderbolt 3ポートの追加です。 40Gbpsの伝送速度、USB 3.0の8倍、HDMI 2.0bの2.22倍のこのポートは、2つの外部4K / 60Hzモニターを同時にサポートできます。

 

ゲームをプレイするとき、WIN Maxは任意のThunderbolt 3 eGFXエンクロージャーに接続できるため、そのエンクロージャー内の専用デスクトップグラフィックスカード(3Dステレオミラーと仮想現実技術をサポートするNVIDIAグラフィックスカードを含む)を使用して、ゲーム体験をさらに強化できます。

 

eGFXは、電源、マザーボード、グラフィックスカード、インターフェースなどのさまざまなコンポーネントをカバーする外部グラフィックスソリューションの完全なセットについてIntelが提案した標準を指しますが、eGPUは外部グラフィックスカードのみを指します。 現在小売市場では、eGFX製品はeGPU、グラフィックドック、外部グラフィックエンクロージャ、外部グラフィックドックなど、多くの名称が使われています。

 

eGFX製品の使用に加えて、超高速の双方向データ伝送と60W充電をサポートするThunderbolt 3には、次のような多くの拡張使用例があります。

​Thunderbolt3 Type-Cポート 6つの代表的な使い方

 

1. 充電:65W Type-Cアダプターを使ってWIN Maxを充電します。

2.  映像出力:USB Type-C接続対応モニターであればケーブル一本で映像出力と充電が可能。

3. 外部機器の充電:WIN MaxのThunderbolt 3ポート(電源オフ)は、携帯電話、タブレット、その他のデバイスの充電、またはこれらのデバイスによるWIN Max自体の逆充電(電源オフ)に使用できます。

5.HDMI HUB接続を介して4K / 60Hz出力を実現。 Thunderbolt 3は、HDMIポートを介した2つの4K / 60Hzディスプレイの同時接続をサポートしています。

6. 外部HDD/SSDと接続:Thunderbolt 3はさまざまなストレージ周辺機器に接続できる最適な拡張ポートです。


 たとえば、Thunderbolt 3を使用して外部SSDドライブを接続すれば速度の低下に悩むことなく、大容量ストレージを拡張できます。実際のテストでは、接続されたSamsung X5(モデル名:MU-PB1T0B / WW)の読み取り速度と書き込み速度は、それぞれ2800MB / sおよび2300MB / sに達することが示されています。

注) 最大速度を実現するには、外部SSDハードドライブにPCI-Eバスのサポートが組み込まれている必要があります

Wi-Fi 6を使用すると、WIN Maxは最大300MB / sのダウンロード速度で最高のクラウドゲーム体験できます

GPD WIN Maxは、IEEE 802.11ax規格に準拠したIntelの最新のWi-Fi 6(Gig +)テクノロジーをサポートしています。 160MHz未満では、Wi-Fi 6は最大2402Mbps(300MB /秒のダウンロード速度)のシングルチャネル帯域幅を実現できます。

Wi-Fi 5(802.11ac Wave 1)でサポートされているSU-MIMOとは異なり、Wi-Fi 6でサポートされているMU-MIMOは、ネットワークスループットと並列通信機能が大幅に向上しています。 MU-MIMOベースのワイヤレスルーターを接続する場合、優れたパラレル通信を備えたOFDMAテクノロジーにより、ルーターが同時に多くのワイヤレスデバイスに接続されていても、WIN Maxで高いネットワーク遅延が発生しないようにすることができます。

Wi-Fi 6の理論上の伝送速度とスループットは、Wi-Fi 5の4倍、現在のギガビット有線ネットワークの2.4倍、100M有線ネットワークの24倍です。

 

将来的に、WIN Maxユーザーは、Wi-Fi 6ベースのネットワーク環境で、非常にスムーズなクラウドゲームを自由に楽しむことができるのです。

7つのBluetoothデバイスとの同時接続をサポートするBluetooth 5.0

Bluetooth 5.0のサポートにより、WIN Maxは最大3MB / sの伝送速度で同時に7つのBluetoothデバイスに接続できます。 Wi-Fiをオンにすると、WIN Maxは1メートル未満の精度で屋内測位を実現できます。 同時に、Bluetooth 5.0の有効な接続範囲も300メートルに広がります。つまり、WIN Maxユーザーは、古い仕様では10メートルの制限を超えて、より広い範囲でさまざまなBluetoothデバイスを接続して使用できます。

 

*注:接続されたデバイスがBluetooth 5.0もサポートしている場合にのみ、長距離通信を実現できます。 2つの同一のデバイス(たとえば、同じ仕様の2つのヘッドフォン)を同時に接続することはできません。 300メートルの通信距離は理論値です。 ほとんどのメーカーは、消費電力を削減するために、Bluetooth 5.0デバイスの通信距離を10メートルに制限します。 購入する前に、デバイスが長距離通信をサポートしているかどうかを確認してください。

フル機能のType-C、57Whバッテリー、超小型65W PDアダプターを標準付属

​約2時間でフル充電可能

WIN Maxには57Wh(定格容量)の大容量バッテリーが内蔵されており、付属の60W PD USB-C電源アダプターで約2時間でフル充電できます。 フル充電後、マシンは3時間の大量使用、6〜8時間の中程度の使用、および14時間近くの軽使用をサポートします。 次の表は、WIN Maxと同じプロセッサを搭載した他のいくつかの製品(すべて公式ソースから入手)のバッテリー寿命の比較を示しています。

高性能な65W出力のアダプターとType-C ケーブルが付属いたします。

 

このACとケーブルのセットはPD対応の様々な機器でも使うことができます。

バッテリー寿命のベンチマークテスト条件は以下にて実施しております。

 

テスト結果は、通常の使用シナリオでバッテリーレベルが100%から0%に低下するのにかかる時間を指します。 通常の使用時間には、アクティブな使用時間とスタンバイ時間が含まれます。 前述のアクティブな使用とは次のことを指します。

(1)複数のタブを開いて8つのメインストリームWebサイトを閲覧する。
(2)Microsoft Word、PowerPoint、Excel、およびOutlookを積極的に利用して生産性を向上する。
(3)人手をかけることなく、アプリケーションソフトウェアを一定期間実行する。

テスト中は、画面の明るさ(150 nit)、自動明るさ調整(無効)、およびWi-Fi(オンになって接続)を除いて、すべての設定がデフォルトに設定されました。バッテリー寿命は、デバイスの設定や使用例などによって大きく異なる場合があります。

WIN Maxの充電に加えてマシンの60Wアダプターは、USB Type-Cポートを備えた携帯電話、タブレット、またはラップトップの充電にも使用できます。

 

WIN 2充電器とほぼ同サイズの世界最小の60W電源アダプターで、どこにでも持ち運べます

RJ45、USB Type-C、USB Type-A、および他の多くのポートを含むことにより、WIN Maxは従来の産業用ノートブックおよびIPCの完全な代替品となります

ゲーム以外にも、WIN Maxは産業用アプリケーションの分野における完璧な生産性ツールです。 ネットワークエンジニア、IT運用および保守担当者、または通信エンジニアにとって、WIN Maxは、従来の産業用ノートブック、IPC、またはシンクライアントの完全な代替となるのに十分な計算能力を備えたユニバーサルポータブルモバイル端末です。

RJ45ポートにより、エンジニアはWIN Maxを任意の有線ネットワークに接続して、さまざまなLAN、MAN、W​​ANネットワークの問題を分析および解決できます。WIN Maxは、Single USB-RS-232ケーブルを使用して、さまざまなシリアルデバイスと接続できます。