News

プレミアムモバイルPCなのに、安くてスペックもいい:GPD P2 Maxレビュー

Created on:2019-08-14 15:02

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

ちょちょちょっと、このPC、1年くらい未来から来てない?

いま「ノートPC」としていちばんコスパがいいのは、ディスプレイ13インチ、重量1kgちょっとのマシンでしょう。スペックはCore i5、メモリ8GBでストレージは256GBのSSD、んでお値段は10万円ちょっとかな...多くのPCメーカーが、このくらいのスペック/価格のマシンを主力モデルとして用意しています。MacBook Airとかね。

んで、13インチからPCを小さくしようと思ったら、そこはプレミアムモバイルPCの領域です。より軽く、より小さく。そのためにはディスプレイの解像度やCPUやストレージは犠牲となり、一方でお値段は上がっていきます。そう、ノートPCを小さくするにはカネがかかるのです。

しかし、そんなノートPCの常識から外れた、突然変異的なPCがここにあります。GPD P2 Maxです。画面サイズは9インチ、重量はたった650グラム。今回、日本の公式代理店(GPD Direct)である天空からマシンをお借りする機会に恵まれたので、数日使ってのショートレビューをお届けします。

 

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

これは何?:iPad miniサイズだけどフル機能を備えたノートPC

価格(税別):8万5700円。先行予約価格は7万8600円

気に入った:潤沢なメモリとストレージ、高解像度のディスプレイ、ボディの軽さ

気になった:キーボードの配列、ディスプレイの指紋

 

メモリ16GB、ストレージ512GBなのに8万円代

 

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

GPD P2 Maxを使ってみて最初に気に入ったのが、余裕のあるメモリ(16GB)です。CPUこそCore m3と(8100Y。12インチMacBookのCore m3よりは速い)とモバイル機に相応なものの、WEBブラウズなどそこまでCPUパワーを求められないなら、このデカいメモリがものを言います。ブラウザでタブを大量に開いたうえで、SlackとOfficeアプリを併用しても快適に動いてくれます。おまけにストレージも512GBと十分。

他の13インチモデルを同じようなスペックにカスタムしたら、メモリとSSDの割増料金で計15万円くらいのコースになるでしょう。でもGPD P2 Maxは8万5700円(税別)。おまけに、いまは先行予約価格として7万8600円までディスカウントされています。お買い得とかいう次元を越えている。

 

iPad miniサイズでも作業に支障はない

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

GPDは一貫してコンパクトなPCを作り続けてきたメーカーです。P2 MaxはそんなGPDのマシンの中では最大のボディサイズを持って生まれましたが、それでもディスプレイは8.9インチ。iPad Miniほどのサイズしかありません。とにかく持ち運びが楽で、たいていのバッグに放り込んでどこにでも連れていきます。

8.9インチの画面が狭くて作業できないかといえば「No」です。画面解像度は2560×1600(WQXGA)とMacBook Airと同クラスで、よほど細かい作業をするのでなければ、画面サイズが小さいことは気になりませんでした。タッチパッドで普通にマウスカーソルを動かせますし、ディスプレイへのタッチ(画面が小さいから小指を使うといいよ)、スタイラスを使った操作にも対応しています。

ただ、タッチパネルのわりにガラスのコーティングがチャチなのは気になりました。指紋が目立ちますし、反射もきついです。これは保護シート兼用の指紋防止フィルムが欲しくなるやつですね。

 

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

キーボード、おまえ無茶しやがって...

 

スペック、ディスプレイともに満足なP2 Maxで唯一難点を上げるとすれば、キーボードでしょう。キータッチはストロークがちゃんとあり、キーピッチにもとくに不満はありません。GPD Pocketで不満だったFnキーも大型化して押しやすい。

 

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

ただ、小型化によるキー数の少なさだけはなんともできず、一部の「よく使うキー」がFnキーと組み合わせなければタイプできないのです。とくに「-(ハイフン)」が致命的。

ギズモードのようなテック系メディアはとにかくカタカナをよく使うので「ー」の出番も多いです(ここまでにも32個ありました)。そのたびにFnキーを組み合わせたタイプを行わなければならないわけで、これは慣れてもつらい。

英文なら「-」の出番少ないんだろうな...でもExcelとかで数式書くのきつくない?

 

b9f1b018dd1e49688d14802594ea1dfd

 

日本語向けのキーボード配列(キーの上にステッカーを貼るしくみ)も発表されていますが、これでも「-」はキーコンビネーション扱い。

ここはキーの割り当てを変更して、どこかに「-」専用キーを作るしかないでしょう。出番のほぼないCapsLockあたりがいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

 

p2max_balance

 

 

・価格とスペックのバランスが異常にいい。というか安すぎる

・Core m3からパワーを絞り出すためファンはかなり回る

・キーの配列に不満はあるが、カスタムで乗り切れそう

・マイナーなMicro HDMIポートがある。midro SDカードのほうがうれしかった

 

 

 

Hot recommendation

  • GPD P2 Max to offer 512GB SSD variant of its soon-to-be crowdfunded "world's smallest Ultrabook" that will take on the XPS 13 and Surface Pro 6

    It appears GPD has gone into marketing overdrive in preparation for its crowdfunding campaign for the GPD P2 Max pocket-sized laptop. The Chinese manufacturer is now calling the P2 Max the “world’s smallest Ultrabook” and is comparing it favorably with some of the industry’s major players. The company has also announced there will be a third variant that will come with a 512GB SSD.

    1176 2019-06-18
  • GPD MicroPC の実機レビュー。スペック、特徴、使い勝手をチェック!

    INDIEGOGOで出資を募っていた「GPD MicroPC」が出荷開始!ガルマックスでも早速実機を手にすることが出来たので実機レビューをお届けします!

    GPDって、UMPCのGPD Pocketシリーズや携帯ゲーム型のGPD WINシリーズなど、超小型パソコンをリリースするメーカーさん。今回ローンチとなったGPD MicroPCは耐衝撃ボディーやWindows 10 ProやRS-232ポート、有線LANポートを備えるどちらかといえば業務端末的な立ち位置となる製品となってます。

    24 2019-08-16
  • GPD P2 Max presume de ser el «Ultrabook más pequeño del mundo»

    GPD P2 Max destaca por un tamaño enormemente reducido, con una pantalla multitáctil con diez puntos de contacto; soporte para lápices ópticos; resolución nativa de 2560 x 1600 píxeles y 8,9 pulgadas de diagonal, que lo asemeja a un tablet de medio formato. Su peso es de solo 650 gramos y obviamente ofrece una gran movilidad.

    14 2019-08-14
  • プレミアムモバイルPCなのに、安くてスペックもいい:GPD P2 Maxレビュー

    いま「ノートPC」としていちばんコスパがいいのは、ディスプレイ13インチ、重量1kgちょっとのマシンでしょう。スペックはCore i5、メモリ8GBでストレージは256GBのSSD、んでお値段は10万円ちょっとかな...多くのPCメーカーが、このくらいのスペック/価格のマシンを主力モデルとして用意しています。MacBook Airとかね。

    27 2019-08-14