News

ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 3」クラウドファンディングキャンペーン開始。2モデル展開で、価格は約8万3000円から

Created on:2021-01-18 17:36

Shenzhen GPD Technology(以下、GPD社)は1月15日、ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 3」の開発費を募るクラウドファンディングキャンペーンをIndiegogoにて開始した。

GPD社はUMPC(超小型ノートPC)を多数手がけており、ゲーム用途に特化したモデルをGPD WINシリーズとして展開中。従来のモデルはいずれもクラムシェル型だったが、GPD WIN 3ではユーザーからの要望を受けて初めてストレート型を採用している。

 

 

GPD WIN 3は、ディスプレイの左右にコントローラーを配置した、Nintendo Switch風のスタイルが特徴だ。タッチ操作対応の5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、サイズは198x92x27mmで、重量は560g。厚みと重さ以外は、Nintendo Switch Liteとほぼ同じサイズ感である。コントローラー部は一般的な入力系統をひととおり備えており、Xboxキーも用意。L2/R2にはアナログ入力が可能なトリガーを採用し、振動機能も内蔵しているとのこと。また背面のグリップ部には、任意にアサイン可能なボタンが2個配置されている。

デザイン面では、ソニーがかつて販売していたVAIO type Uから影響を受けており、ディスプレイを上にスライドさせるとキーボードが現れる。このキーボードはタッチ式だそうで、本格的なタイピングには向かなさそうだが、ユーザー名入力などゲームでの使用には十分だろう。ABXYボタンの下には、Windows Hello対応の指紋認証リーダーもある。なお、マウス操作はアナログスティックとボタンにて可能だ。

別売りで専用のドックも用意されており、これを使うことでHDMI出力やGPD WIN 3本体の充電が可能。また、USB 3.2 Gen2のType-A端子を3つと、Type-C端子を1つのほか、LAN端子も搭載し拡張性を高めることができる。

 

 

今回のクラウドファンディングでは、Advanced Version・Standard Version・IGG Limited Versionの3モデルが用意された。IGG Limited Versionは、シルバーの筐体を採用した限定モデルで、スペックはAdvanced Versionと同じ。通常のAdvanced VersionとStandard Versionは、いずれもブラックカラーとなる。

Advanced VersionとStandard Versionの違いは搭載SoCにある。Advanced VersionはIntel Core i7-1165G7を、Standard VersionはIntel Core i5-1135G7を搭載しており、CPU性能に違いがあるほか、内蔵GPUであるIntel Iris Xe Graphicsの実行ユニット数も異なる。その分、後述する価格に差があるため、求める性能や予算で選ぶと良いだろう。GPD WIN 3の主な仕様は以下のとおりだ。

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Intel Core i7-1165G7/Intel Core i5-1135G7
GPU:Intel Iris Xe Graphics
メモリ:16GB
ストレージ:1TB SSD
無線:Wi-Fi 6・Bluetooth 5.0
ディスプレイ:5.5インチ H-IPS液晶 1280×720
外形寸法:198x92x27mm
重量:560g

 

 

キャンペーンページでは、実際にゲームを動作させた際のAdvanced/Standard両バージョンでの平均フレームレートも紹介されている。たとえば、『DEATH STRANDING』は73/63fps、『DOOM Eternal』は73/64fps、『Microsoft Flight Simulator』は49/42fps、『Apex Legends』は91/77fps、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は70/60fps、『Red Dead Redemption 2』は58/47fpsなど。タイトルにもよるが、グラフィック設定が高めでもスムーズに動くケースもある模様。実際のテストの様子は、GPD社のYouTubeチャンネルをチェックしてほしい。 

GPD WIN 3のIndiegogoでのクラウドファンディングは3月6日まで実施。初期目標金額は開始数分で突破しており、IGG Limited Versionは899ドル(約9万3000円)、Advanced Versionも同じ899ドル(約9万3000円)、そしてStandard Versionは799ドル(約8万3000円)の出資で入手可能だ。発送予定時期は今年5月。専用ドックとのセットプランも用意されているため、詳細はキャンペーンページをチェックしてほしい。

Hot Topics

  • WIN Max 2021: Handheld Game Laptop for AAA Games

    “Handheld Game Laptop” is a concept proposed by GPD and GPD is the only practitioner. It has been proved that WIN Max is an excellent choice for users who like large-screen handheld devices. The concept of all in one enables it not only to be used to play games but also to replace laptops for office work.

    110 2021-06-10
  • ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 3」クラウドファンディングキャンペーン開始。2モデル展開で、価格は約8万3000円から

    Shenzhen GPD Technology(以下、GPD社)は1月15日、ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 3」の開発費を募るクラウドファンディングキャンペーンをIndiegogoにて開始した。

    GPD社はUMPC(超小型ノートPC)を多数手がけており、ゲーム用途に特化したモデルをGPD WINシリーズとして展開中。従来のモデルはいずれもクラムシェル型だったが、GPD WIN 3ではユーザーからの要望を受けて初めてストレート型を採用している。

    73 2021-01-18
  • UMPC史上最高性能の5.5型スライダー式Windows機「GPD WIN 3」

    小型パソコンをこよなく愛するマニアにとって、「GPD WIN 3」ほど期待した機種はないだろう。5.5型という液晶のサイズに、「OQO」や「VAIO type U」を彷彿とさせるスライダー機構を搭載。それでありながら、13.3型前後のモバイルノートと同じ、最大TDP 28WのTiger Lakeプロセッサを採用するという、かなり意欲的な製品となっている。

    今回、Indiegogoでの正式ローンチに先立って試作機を入手できたので、レビューをお届けしよう。なお、今回入手した試作機は一般的に販売される製品と比べ、本体色といった仕様上の相違があることをお断りしておきたい。あくまでもある程度の指標になれば幸いだ。ちなみにIndiegogoで本体のリターンが得られる最小出資額は799ドルからとなっている。

    73 2021-01-18
  • Switch Liteのような小型PC「GPD WIN3」のクラウドファンディングが始まる。価格は799ドルから

    米国時間2021年1月14日,ShenZhen GPD Technology(以下,ShenZhen GPD)は,超小型PC「GPD」シリーズの新製品として,5.5インチサイズの液晶ディスプレイとゲームパッドを搭載したゲームPC「GPD WIN 3」のクラウドファンディングを「Indiegogo」で開始した。価格は799ドルから。クラウドファンディングは,3月5日まで実施しており,本稿執筆時点で目標金額の40倍近くの出資を集めている。出荷開始は2021年5月を予定しているとのことだ。

    66 2021-01-18
  • 真のIce Lakeを搭載した「GPD WIN Max」はどのぐらいゲームを快適に遊べるのか?

    GPDは、クラウドファンディングサイトIndiegogoで8型のポータブルゲーミングPC「WIN Max」の出資を募っている。製品を入手するために必要な出資額は約83,670円で、7月の出荷を予定している。また、代理店の天空でも予約受付を開始しており、税別価格は92,600円、出荷は9月上旬予定だ。以前お伝えしたとおり、PC Watchでは製品版に近い稼働可能なエンジニアリングサンプル品を入手しているので、ファーストインプレッションに続き、今回は1週間ほど試用した感想、およびベンチマーク結果をお届けしたい。

    603 2020-06-18